セキュリティが心配な場合

セキュリティがしっかりしているトランクルームの見分け方

トランクルームのセキュリティは、運営会社によって異なりますが、部屋ごとの鍵だけでなく、建物の出入り口にも鍵やセキュリティーカードでの入室管理が設けられていることがほとんどです。また、常駐のスタッフがいるトランクルームも多く、防犯カメラが設置してあったり、警備会社の警備システムを導入しているトランクルームも増えてきています。心配にはきりがありませんが、建物の入り口が鍵やカードキーなどで管理されている・建物自体が管理されているので部外者が入りにくい・防犯カメラが複数台設置されている・警備会社の警備システムを導入していて定期的に警備会社が巡回している、といったことが徹底されているトランクルームならば、安心して利用できるといえます。

契約前の補償事項確認は必須

どんなにセキュリティがしっかりしていても、盗難や事故の危険性はあります。そこで最近では、盗難や火災、爆発、破裂などに対して、保険に加入している運営会社も多くなっています。1つの部屋や1つの事故に対して、一定金額の損害額が補償されますが、補償に対する対応も会社によって様々です。無料で自動付帯しているトランクルームもありますし、利用者に保険料を請求する場合もあります。また、そもそも保険自体を用意していないトランクルームも存在します。盗難や事故に遭った後トラブルにならないように、契約書の補償内容をしっかりと確認しておく必要があります。そして契約書に記載がない場合は、必ず直接聞いて確認することが重要です。

少しばかりスペースが欲しいときは、レンタル倉庫を活用することが出来ます。これなら低コストで倉庫が利用できます。